今日は「子どもが英語が嫌いになる理由」

と、その対策についていくつか考えてみたいと思います。

英語が嫌になるとき

その時々で波はありますが、

低年齢、小学生ぐらいまでの子は比較的楽しく、

英語を嫌にならずにいるように思います。

ただ、低年齢のうちから英検習得に躍起になったり、

お受験に有利になるように、、、など親が熱心になりすぎたり、

本人が嫌がっているのに無理やり英語を強制したりすると

「英語嫌い」を作ってしまう原因になりうるかと思いますが、

そうでない場合は、小学生ぐらいまではどの子も比較的、前向きに

楽しんで取り組んめているように思います。

が、中学生になった途端、

「英語が苦手」「英語が嫌い」の子が増えていきます。

実際、ベネッセの中高生の英語学習に関する実態調査でも

中学生の約6割が、英語を苦手と感じている、

そのうち8割弱が中1の後半までに英語を苦手と感じている

との調査結果が出ています。

小学校英語の「英語に親しむ、楽しむ」というコンセプトから、

中学校になると、いわゆる「お勉強」になります。

聞いて話す楽しい英語から、正しく書くことを求められ、

テストで評価される。

楽しい英語→お勉強英語

そのギャップが大きいが故、多くの英語嫌いを生み出してしまう、

という構図もあるように思います。

また中学英語、特にテストでは「正しく書くこと」が常に求められます。

単語のスペルが正しく書けることはもちろん、ピリオド、コンマを忘れない、

疑問文なら「?」が抜けていたら減点、

「h」と「n」の判別がしにくかったらマイナスなどなど…。

よって「書くことが苦手な子」はどうしても点数に繋がらないということが出てきます。

リスニングができて、音読もできて意味内容を理解できていたとしても、

正しく書けないとバツ❌になる。。

悔しいけど、悲しいけどこれが中学英語の現実。

本来必要とされる「コミュニケーションのためのツールとしての英語」からかけ離れたところで

評価されます。

「書く」ことに慣れておく

だから、中学に入り本格的に英語が始まる前に、

「聞く」「話す」「読む」にプラスして「書く」ことにある程度は慣れておくことは大事です。

きっちり書けなくてもいい。間違ってもいい。

ただ書くこと慣れておくことはその先の学習に繋がります。

「聞く話す」に比べ「読み書き」は個人差が出やすい部分。

書くのが好きな子は早いうちから書き始めたりするけど、

そうではないと、いつまでたっても苦手だったりします。

だからこそ、小学生のうちから少しずつ慣らしていきたいところ。

たくさん間違えていい小学生のうちから書く練習を!

本当は中学生だって学習の途中なんですから、間違えながら覚えていいはずなのに。

そうはいってられないやり方が、多くの「英語嫌い」を作ってしまう気がします。

諦めない!

とはいえ、嘆いて諦めたらいけません。

私が思うに、中学校の定期テストは「教科書の文法内容を理解し全部書ければ

必ず高得点が取れます。なぜなら、

教科書以外のことはほとんど問われてない=答えは教科書の中にあるわけです。

なので教科書の英文を全て正しく書ければ100点取れます。

(学区や地域によっては違うところもあるとは思います)

そこはもう割り切って覚えるしかありません。

そして、それはそんなにハードルは高くありません。

暗記するときは声に出す

覚える、書けるようにするには「書く練習」をするしかないのですが、

その時にポイントなのが、「声に出して覚える」こと。

声に出すことは、脳に強くインプットするだけでなく集中させる働き

もあります。ただ黙々と書き写すのではなく、

書きながら声に出すことで暗記力は高まります。

身体で覚える

あとは、覚えるために「何度も書く」ということ。

昔からよく言われてることでありますが、書けるようにするには、

書いて覚えるが一番。

暗記でも何でもそうですが人は1度ではなかなか覚えられません。

何度も繰り返すことで覚えられるようになります。

何度も書いて「手が覚える」まで刷り込ませる感覚。

この感覚は、例えばピアノをした事のある人なら分かりやすいかもしれませんが、

何度も練習した曲は、楽譜を見なくても手が勝手に動いて弾けるようになる。

それは暗譜するぐらい練習しているからです。手が慣れて覚えてるんですね。

それと同じように、単語もたくさん書いて「手に覚えさせる」

大切なのは、声に出して、何度も書くこと。

フォニックスも有効

アルファベットの発音と文字の関係性を学ぶフォニックス。

例外はたくさんあるものの、アルファベットの基本の音や同音異綴(音は一緒だけど綴は異なる)

がある程度理解できていることは、単語や文章を書く上でも大いに役立ちます。

ただ、フォニックスも例外が結構多かったり、

英語自体、文字は書いてあるのに読まない音なども多くあるので(Wednesday, castlなど)

色々と厄介なのですが、それでもアルファベットの音がきちんと知っていることは、

書く際に大きく役立つことは間違いありません。

英語嫌いになる前に

今日は「書くこと」を中心に書きました。

「覚えるときは声に出す」「何度も書く」

当たり前の事しか書いてませんが、結局、学習はそういった事の積み重ねです。

当たり前の事をサボらず面倒臭がらずやるから出来るようになるんです。

そして、英語が嫌にならないように

「楽しい」から「お勉強」への移行を無理なく上手く繋げてあげること

それも大切だなと実感します。

他にも、せっかく英語を勉強しているなら

・海外に興味が持てるよう、実際に海外の情報を与える

・できれば海外旅行などに行き臨場感を味わう

なども良いですね。

今はYou Tubeなどありますから、実際に海外体験しなくとも、

外国の文化を知ったり、

情報を得ることはそんなに難しくないと思います。

先が長い英語学習、山あり谷ありの英語学習。

せめて「英語嫌い」にならないように周りの大人がサポート出来るうちは

していってあげたいですね。