「子どものやる気を引き出す」5つ秘訣 その3

前回の記事「その2」では、「言葉の力」で子どものやる気を引き出す方法を紹介しました。

今回はその3「うまくやっている人を見る」です。

3、うまくやっている人を見る

学ぶは真似る。

どんなことでも学ぶことにおいてまずは、

真似することから始まります。

例えば、スポーツや武道では、先生や師匠から基本を教えてもらい、その「型」を知り、真似することから学びは始まります。

職人の世界であれば、師匠から技を盗めと言われます。これは技を「見て真似る」ことに他なりません。

私も小さい頃、水泳教室に通っていましたが、まずは先生がお手本として泳ぐ姿を生徒たちにを見せてくれました。

ゆったりとした動きでなんとも優雅にクロールで泳ぐ先生を間近で見て、こんなふうに泳げるようになりたい!と思ったことを今でも覚えています。

あとはゲームが得意な人って、ゲームを上手にプレイしている人の実況動画などを見て、そこから技やテクニックを学んで、強くなっていったりしますよね。

このように人は、まずうまくやっている人を見て、真似て上達していく。

上達していくので自然とやる気も出てくる、というわけです。

自分を高められる環境に身をおこう!

お手本となる人は、学校や習い事で言えば「先生」になるかもしれません。

それ以外にも、意外と効果的なのが、共に学ぶクラスメイトやお友達だったりします。

自分と同じぐらいの年の身近な「うまくやっている子を見る」のは子供にとって

刺激的なんです。

子どもは、

・真似したがる

・競争したがる

という特性があるので、「上手にできている友達」を見て、真似し、勝手に競争みたいなことをしているうちに、いつの間にか自分のできるようになっていく。

これは、グループレッスンをしていると、本当によく見られる光景です。

特に男子なんかは、勝手に競っています(笑)

あいつには負けなくねぇ、みたいな気持ちもあるのでしょうか^^;

それでもそんな切磋琢磨できるお友達が身近にいる環境にいるうちにクラス全体のレベルが底上げされて

各々が成長していく姿を何度も目にしてきました。

つい先日もレッスン中に、

「家でやるより、〇〇と〇〇(お友達の名前)がいるほうがやる気になる〜」(小1 男子)

なんて声がありました。

自分を高められる環境に身をおくことは「子どもを成長させる」という視点において

とても重要になってきます。

ということで、今回は「子どもをやる気を引き出す」5つの秘訣のうち

その3をお伝えしました。次回はその4です。

 

5月体験レッスン 受付中

子どもがぐんぐん伸びる!

子どもがやる気になる、ホンモノの英語力が身に付く環境がここにはあります。

スパイラル学習で進む当教室のユニークなレッスンスタイル。

年度中、どのタイミングで入会してもその子のペースで確実に成長していけます。

週1でも必ず身に付く子ども本格英語

あなたも体験してみませんか?

✅英文シャワーを体験してみたい

✅リーディング力をつけたい

✅1年も経てば、中学英語がスラスラ読めるように

✅4技能がバランスよく身に付く

✅子ども自身が自信を持てる

ぜひ、当教室のユニークなレッスンを体験してみてください。

体験レッスン:毎月第4土曜  5/22 13:30-

場所:片平ふれあいセンター和室

ご質問・お申し込みは下記お問い合わせフォームより。