「子どものやる気を引き出す」5つ秘訣

前回の記事「その1」では、必ずできること、小さな成功体験を積み重ねることが大事だよ、

ということををお伝えしました。今回はその2「言葉の力」です。

2、言葉の力

言葉の力で「やる気」を引き出す。

言葉の持つパワーは強力です。言葉一つでやる気が出たり、反対にやる気を失ったりするもの。

では、どういう言葉掛けをしたらいいのか?

ここでは教育評論家の石田勝紀先生が提唱した「魔法のことば」を紹介します。

これ、簡単かつとても有効です。

お教室レッスンでも、ラズキッズ のボイスメッセージでもかなり意識して私は使っています。

ほんの一言の声かけで、一瞬だけど子どもの表情がパッと明るくなります。

1 すごいね

2 さすがだね

3 いいね

4 ありがとう

5 うれしい

6 たすかった

7 なるほど

8 知らなかった

9 だいじょうぶ

10 らしくないね

『10の魔法のことば』

石田勝紀さんインタビューでさらに詳しく書かれています

普段からこれらの言葉を使って、子どもの自己肯定感を上げていこう、ということです。

自己肯定感が上がる→やる気が出ることにつながる。

ご家庭でもぜひ取り入れてみてください。

意識と行動で本当に変わりますよ。

この魔法の言葉はポジティブなものが多いので、それを発している親自身も前向きになれます。

第3者の力をかりる

また、このようなこともおっしゃています。

勉強面でやる気を起こさせたければ、直接勉強のことで声かけをするのではなく、別の領域の部分で引き上げてあげる。

そうするとぐるっと勉強に回っくる。直接はやらない。

そして勉強に関しては直接、親がやるより第三者が言ったほうが良い。

肉親の言葉は逆に作用することがある。第3者が言ったほうがスッと入る。

これは本当に私自身も経験を通して身をもって実感していますし、

多くの方が感じることではないでしょうか。

特に年齢が上がるにつれて、勉強面に関しては親が直接関わらないほうが良いですね。

親は環境づくりと健康面のサポートに徹することを意識する。

子どもがまだ小さいうちは別ですけどね。

ということで、子どものココロに寄り添いながら、

やる気を引き出す!

英語力がぐんぐん伸びる!

自立学習が身に付く!

当教室のレッスンで一緒に英語力を伸ばしていきませんか?

5月体験レッスン 受付中

子どもがぐんぐん伸びる!

スパイラル学習で進む当教室のユニークなレッスンスタイル。

年度中、どのタイミングで入会してもその子のペースで確実に成長していけます。

週1でも必ず身に付く子ども本格英語

お子様にも実感させてあげませんか?

ホンモノの英語力をつけたい、成長したいお子様と

本気で向き合っています。

✅英文シャワーを体験してみたい

✅リーディング力をつけたい

✅1年も経てば、中学英語がスラスラ読めるように

✅4技能がバランスよく身に付く

✅子ども自身が自信を持てる

ぜひ、当教室のユニークなレッスンを体験してみてください。

体験レッスン:毎月第4土曜  5/22 13:30-

場所:片平ふれあいセンター和室

ご質問・お申し込みは下記お問い合わせフォームより。