名古屋市緑区Kidsえいご Sunshine

未就園児の親子クラスを始め、園児、小学生を中心に

英語を教えています。

こういうお仕事をしていると、

「いつ頃から英語を始めるのがいいんですかね?」とたまに聞かれます。

先日も未就園児さんの集う子育て広場で出会ったママさんが、

「自分はすごく英語が苦手だった。」

「子どもには英語をやらせたい。何歳から始めさせたらいいのか?」

「色んな情報が溢れていて、わからなくなる」

とおしゃっていました。

そんな時、私はいつも

「思い立ったが吉日。やりたい(子どもに英語をやらせたい)

と思った時から始めてくだい。」とお伝えしています。

幼児期は「英語耳」を育てる黄金期

そうは言っても、スタートは遅かれ早かれ、大人になってからでも最終的には本人の努力次第で、

言語は継続していれば身につくものだと私は思っています。

中学から英語の勉強を始めて、大人になってから英語を専門に

職業としている方も大勢いらっしゃいます。

ただ、一つだけ、年齢が低ければ低いほど育てやすいもの、

それが「英語耳」「リスニング力」です。

子どもの耳はまるでスポンジのように音をどんどん吸収していきます。

そして聞いた音をそのまま発音することに優れています。

年齢に沿って目まぐるしく変化していく脳には、

その年齢に適した学習、アプローチの仕方があります。

ある時期を過ぎると限界が生じるという臨界期説(9歳前後)もあります。

質の良い、大量の英語を!

幼い子どもが一番伸ばせる力、

それが「聞くこと」「リスニング力」です。

それこそが、幼児期から英語を始める一番のメリットだと思います。

質のよい、多くの英語を耳からインプットすることが効果的。

それを繰り返しすることで子どもたちは大人も驚くほどの成長を見せてくれます。

ここ最近、園児クラスでは、来年度から本格始動する教材を、

導入期としてレッスンで行なっています。

レッスンでは、大量の中学英語をシャワーのように浴びるのが大きな特徴です。

導入したばかりですが、毎回子どもたちのもつ能力には驚かされます。

その時期に合った適切なアプローチで、

本来備わっている子どもの持つ能力を引き出してあげることが大切ですね。

思い立ったが吉日^^

○楽しみながらも本格的な英語を学びたい

○お子様が将来英語に困らないためにも

今だからこそできる英語教育、一緒にしていきませんか?

2020年度、春からは新規クラス開講予定です。

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。