我が家は、2019 12/26-2020 1/2 8日間

家族4人でセブ島へ家族留学しました。

今回は、その旅費の総額と内訳をお伝えします。

家族4人でセブ語学留学 総額費用

家族4人 8日間 セブ島親子留学かかった費用は?

ズバリ! ¥767,000 程。

総額費用の内訳

現地滞在費 = ¥420,000(4人分)

(入学金、授業料、ホテル滞在費、教材費、繁忙期追加代金)

航空代 = ¥303,000(大人3、小人1)

(大韓航空利用 韓国釜山で乗り換え1回)

上記に加え、

現地で生活費8日分(昼夜飲食や雑費、オプション代など) = 約¥36,000

海外旅行保険 = ¥8000(4人分)

✳︎自宅から空港まで交通費は除く

ザックリですが、上記が家族4人でかかった費用になります。

フィリピンの物価

セブ島での生活費は、今回は昼夜の食事代は実費、

他に毎日買ったミネラルウォーター20ペソ(約80円程)

その他雑費も含め、1日3,000円〜5,000円程あれば家族4人で

十分に過ごせると思います。

特に食べ物や交通費(タクシー初乗り40ペソ=80円程)の物価は日本と比べると

はるかに安いです。

ただアイランドホッピングなど人気のオプションをつけると

日本円で1人¥10,000-¥15,000程かかるので費用はさらに跳ね上がります。

今回は我が家はリゾートホテルのデイユースのオプションをつけたので

現地生活費にその料金も含めています。

贅沢しなければ、1日分の飲食含め家族で数千円で過ごせるというのは、

フォリピン留学のメリットの一つですね。

あとは、マッサージも安いです。

地元のマッサージ店であれば1時間200ペソ(約400円)で

気持ちのよいマッサージを受けられます。

飛行機

名古屋からセブ島は直航便なら5時間程度。

欧米諸国に比べて渡航時間が短いというのも親子留学では大きなポイントです。

ちなみに、我が家は、

今回の旅行は年末年始というまさに旅行シーズン。

航空費用を抑える為、直航便は断念、、

大韓航空を利用し韓国釜山経由でセブ島へ。

(釜山からは韓国の格安航空会社Jin Airを利用)

釜山での乗り継ぎ待機時間は、行き4時間半、帰り7時間弱。

これは思いの外、長く感じて大変でした。。

できればやはり直航便で行きたいですね。

ちなみに大韓航空の機内食はこちら

おにぎり&柿ピーおつまみ

1時間のフライトなので軽食です。

Jin Airの機内食

韓国の航空会社、やはり機内食にはキムチ登場。

本場のキムチ。かなり辛い。

子どもたちは食べれませんでした(-_-)

以上、家族4人で年末から8日間セブ親子留学にかかった

総費用をザックリですがお伝えしました。

・行く時期・日数

・選ぶ語学学校

などにより費用はまた変わってきますが、

親子留学で人気のカナダやオーストラリアなどに比べると

およそ半額ほどの費用でいけるのも

「フィリピン留学」の魅力の一つです。

以上、参考にしてもらえたらと思います。