セブ親子留学。

今回は交通・社会事情について感じたことをお伝えします。

フィリピンの交通事情

今回の滞在で私たちが利用したのはタクシーのみですが、

フィリピンで有名な乗り物といえばジプニー。

乗合バスのようなもので、

フィリピン人にとって日常での主な交通手段になります。

私が初めてフィリピンに行った時、乗ったことがありますが、

今回はトライしてみたいなと思いつつも乗る機会がありませんでした。

勝手事情が分からない子連れ旅行者がジプニーに乗るのはかなりハードルが高い。

現地の人のサポートがあれば大丈夫だと思います。

フィリピンのタクシー

タクシーの初乗り運賃は40ペソ(80円程)

日本と比べると、随分と安いですね。

旅行者は高い料金を請求されることが多いので、

乗った時に必ずメータが動いているか確認した方が良いです。

メーターが動いてなければ動かしてもらうようにすること。

あとは、行き先をきちんと伝えること。

これは実際、私が体験した苦い経験なのですが、

フィリピン到着後、語学学校から手配されるお迎えスタッフが来ておらず、

自分たちで空港でタクシーを拾いホテルまで行くことに。。

その時、色々戸惑っていたら、とある日本人女性が助けてくれて

Grabという配車アプリでタクシーを手配しドライバーに行き先(私たちが泊まるホテル)

まで伝えてくれました(本当に有り難かった!)

のですが、どうやらそれが上手くドライバーに伝わっておらず、

全く違う場所に行ってしまうという事態に。

私も一応、車に乗る前に「ホテル名」を伝えたのですが、

やはりきちんと住所まで伝えておくべきでした。

似たような地域名やホテル名があるようです。

「ここだよ。ついたよ。」と言われて到着した場所は、

どうみてもスラム街のような辺鄙な場所。

ここであるわけがない!

夜中にこんな場所で降ろされたら。。。

と今振り返ってもゾッとします。

そこで初めてホテルの住所をきちんと伝えたのですが、

最初からきちんと伝えておけばそんなことにはならなかったですから。

「行き先を明確に伝える」は基本ですね。

車優先!?

日本にいると「歩行者優先」という感覚ありますよね。

そのままの感覚でセブで道を歩くとちょっと危険かも。

というのも横断歩道の信号が「青」で普通に渡っていても

曲がってくる車がガンガン攻めてくる。

体のスレスレを車が横切っていくわけですよ。

日本だったら横断歩道で人が渡ってたら車が待ちますよね。

そういう配慮はセブ市内の交通事情では見受けられない(苦笑)

何度か車に轢かれそうに(そう感じる)なりましたよ、私。

(私がビビリでトロトロしてるだけというのもあるかもしれませんが)

特に小さい子どもを連れていたら本当にヒヤヒヤだと思います。

ま、でもこういうのは慣れの問題かな、とも思いますが、

それでも気をつけることに越したことないので、

セブ市内で歩く際は、細心の注意を払った方ベターです。

そして、次回はフィリピンの社会事情。

街を歩いて見て感じたことをお伝えしたいと思います。