今回、家族4人でセブ島親子留学へ行ってきました。

8日間という短いステイでしたが、

語学面、生活において感じたことをまとめます。

マンツーマンレッスンの良さとは

 

まず、フィリピン留学の大きな特徴はマンツーマンレッスンだということ。

1対1だからこそ、

個人に合ったレッスンプラン、

また希望に応じて柔軟に対応してくれる

というのはメリットの一つだと思います。

また、1体1であるがゆえに、

「英語を話さなければいけない状況」に置かれるので、

話す度胸、スピーキング力、聞き取る力が鍛えられます。

もちろん、上手く話せない、言葉が出てこない時などは、

先生がうまくサポートしたりリードしてくれます。

そこはグループレッスンにはない良さだと思います。

子どものレッスンでは、マンツーマンだけでなく、

他の生徒さんとグループレッスンでゲームを取り入れながら、

その子に合ったやり方で楽しくレッスンを受けたりもできます。

伸ばすはスピーキングとリスニング

英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)の中で、

せっかく実践できる場に身をおいてるからこそ

スピーキングとリスニングを伸ばす絶好のチャンス。

日本で英語の勉強をしていても、日本では実際「英語を使う」

「英語でコミュニケーションをとる」という機会がなかなかありません。

だからこそ、留学した際はそこに重点をおいて学ぶことに大きな意味があると実感しました。

そのためにも、「読み書き」の基礎、たくさんのインプットは日本で日々積み重ねることが大事。

そのベースがあってこそのアウトプットです。

英語を学ぶ意味とは?

日本で英語というと、どうしても「勉強」「教科の一つ」としての側面が強いですよね。

でも一歩、日本の外にでれば、英語は普通に人がコミュニケーションをとるためのツールで

特別なものではありません。フィリピンは英語圏ではありませんが、英語は公用語で、

基本、みんな英語を話します。学校で、生活で英語が当たり前にある環境に身をおくことで、

英語はコミュニケーションのツールだと実感することは、今後英語学習をしていく上でも

大きな意味あることだと思います。

デメリット

前述しましたが、フィリピン留学は先生とのマンツーマンレッスンがメイン。

例えば、カナダやオーストラリアなどのサマーキャンプによくある、

「現地の子どもたちと一緒に!」「世界中から集まった子たちと一緒に」など

同年代の子と英語でアクティビティーをしながらコミュニケーションをとる、というようなものはありません。

そこを期待するなら他の国でそのようなプログラムを受ける方が良いですね。

多感な幼児、児童期、思春期、同年代の子たちだからこそ共感できること、友情、

その他、得られるものがあると思います。

その辺りはフィリピン留学には求めない方が賢明かと(子ども留学の場合)

大人留学の場合

大人がフィリピンに留学する際の大きなメリットは、

学びたいことを焦点を当てて手厚くサポートしてもらえる、というのが大きなメリットの一つかなと。

例えば、

・ビジネス英語

・TOEIC 英検などの資格試験

・一般英語

など自分に必要なスキルを伸ばすことが可能です。

また、普段日本ではなかなかする機会がない「日常会話」の練習もできます。

私自身も、英語の勉強のみならず、先生との会話を通して、

フィリピンの結婚・就職事情、生活、学校教育、宗教観、食べ物など

フィリピンのリアルな興味深いお話ができたのは個人的にすごく楽しかったです。

フィリピン人は気さくでフレンドリーな人柄の方が多いので、

壁を感じさせることなく話しやすい場作りをしてくれるなというのが印象です。

日本人として

もうひとつ、これ大切だなと実感したことは、

「日本のことを知り、海外の人にきちんと説明できること」

先生とのやりとりの中で以下のような質問をされることがありました。

・日本の良いところ、悪いところ

・日本が海外に誇れるところ

・日本の雇用形態、仕事事情

・日本の住宅事情、畳について

・日本で有名なものといえば

など、他にも色々あったのですが、

日本のことを説明しなければいけない場面が結構ありました。

これ、普段から考えてないとなかなかきちんと説明できないものです。

日本の一歩外に出れば、自分が日本代表でもあるわけです。

自国のことを知り、海外の人に日本という国がどんな国なのか、

わかりやすく伝える力をつけておくことは必須だなと実感しました。

自分が海外に行かなくても、今の子どもたちが大人になる頃には、日本国内でさえも、

今より多くの外国人が日本に住み共生する時代になるはず。

英語ができるだけでなく、日本の文化や事情を発信できる力は、

必ず役立ちます。

以上、フィリピンでの勉強面について、

感じたことをまとめてみました。

次回はフィリピンの生活面です!